患者さんの「歯が痛い、疼く」などの症状を治療することだけが、歯医者の出番ではありません。
そのようなことにならないように寄り添い、定期的にチェックや処置に取り組むことも歯医者の大事な役割です。「悪くなったら治す」ではなく、「悪くならないように防ぐ」。
口腔内の健康な状態を維持すること、それが予防歯科の使命です。

年齢を問わず、虫歯と歯周病はほとんどの人がかかる疾患であり、個人レベルで完璧に予防することは困難です。そこで、「予防のプロフェッショナル」、歯科衛生士による行き届いた処置と定期的な管理が必要となり ます。予防歯科の指導に基づくセルフケアと院内でのプロフェッショナルケア。
この両方の継続が、あなたの健康な生活を支えていきます。

予防歯科Q&A